工房のご案内 最新情報
最新情報
「有田からの新しい風」 三人展のお知らせ PDF 印刷 Eメール
作者: 青木 清高   
2011年 11月 04日(金曜日) 00:00

 

有田からの新しい風  - 青木清高、田中忍、辻聰彦 陶展 -

 

今度、銀座の和光で三人展をやることになりましたので、皆さん時間があれば是非足をお運びください。

 

 

[ 展示元 和光様 パンフレットより ]

400年の歴史を誇る磁器のふるさと・有田を拠点に、日展などで華々しく活躍する実力派作家による三人展を和光で初めて開催いたします。

空や海を連想させる青磁、重厚な黒の天目紬を中心に、優れた轆轤(ろくろ)技と多彩な表現で独自の世界を確立してきた青木 清高氏。

白磁に映える釉裏紅の赤色を生かして、野の草花や自然の風物を幻想的に表現する田中 忍氏。

白磁をキャンバスに見立て、独自の線刻技法により、多彩な文様や風景を器や陶板に描写する辻 聡彦氏。

今回の展覧会では、花器、鉢、皿、酒器、陶額など合わせて約150余点を出品いたします。先人たちから受け継ぐ伝統と、現代に生きる三人の感性が作り出す新しい有田焼の数々を、ぜひご覧くださいますようご案内申し上げます。

 

 ※展示会のご案内・作家プロフィールはこちら

 

会場と日程 

 会期 

平成23年11月23日(水)~29日(火)  10:30-19:00 (最終日は17:00まで)

※11月26日(土)は3人によるギャラリートークを予定(14:00~)

 会場 

東京都中央区銀座4丁目5-11 和光本店 本館6階 和光ホール

電話  (03)3562-2111

 

 

 

 

最終更新 2011年 12月 01日(木曜日) 16:25
 
長崎での個展のお礼 PDF 印刷 Eメール
作者: 青木 清高   
2011年 9月 24日(土曜日) 00:00

10年ぶりの長崎での個展も無事に終了いたしました。御高覧いただきました多くの方々に心より御礼申し上げます。

今回の個展は30数年前、私もギターで参加していましたライブハウス「カヴォ」のスタッフを中心に結成されていたブルースバンド、ウィークエンドシャッフルの吉村さん(当時ギター、ボーカル)の計らいで実現しました。ブルースが好きでお店に集まっていた人たち、学生時代の恩師の先生、友人、たくさんの思い出に花が咲きました。そして音楽、とりわけブルースが自分の作陶に大きく関係していると気づかされました。最後になりますが今回お世話になりました

浜屋さん、藤田さん御一家に重ねて御礼申し上げます。

■写真2枚個展会場

 

 

ちなみに、吉村さん夫妻は、現在長崎市内に御飯、御飯大甚、そば屋、と3店舗、本物にこだわった美味しい食べ物のお店を展開されています。御飯の鯛めしは、今では全国的に有名です。

 ■写真  30年愛用しているマイギター

 

           

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

最終更新 2012年 10月 20日(土曜日) 19:55
 
«最初212223242526272829最後»

26 / 29 ページ

このサイト内の文章や画像を無断転載・無断引用、営利目的の使用を禁じます。

Copyright © 2019 青木龍山清高工房. All Rights Reserved.