工房のご案内 最新情報
最新情報
有田陶器市のお知らせ。 PDF 印刷 Eメール
作者: 青木 清高   
2012年 4月 15日(日曜日) 09:22

今年も4月29日~5月5日まで、恒例の有田陶器市が開催されます。期間中は100万人を超える日本でも屈指のゴールデンウィークのお祭りです。私のところも、メインストリートのある街の中の出店はいたしませんが、青木龍山・清高工房展示館で陶器市用に小物の食器や酒器などを中心に展示販売します。何分にもわたし一人で制作しているため数も少ないのですが、有田にこられた際は是非お立ち寄りください。

青木龍山清高工房の周辺地図とアクセス

 

■写真 青木龍山・清高工房展示館

 

■写真 陶器市の出番を待つ作品の一部です。

 

九州陶磁文化館では、青木龍山コレクションの常設展示も開催されています。父に与えられた展示スペースの関係上1年間をかけて、ひと月に2~3点の展示のになるのですが、面白い点は、作品と制作過程を残したデッサンが展示されているところです。もともと日本画を勉強していたのですが、父龍山のデッサンは、彫刻家のデッサンのように立体をタッチで確かめていく様子がわかります。あくまでも、陶磁作品のためのもので、人に見られることなど考えていなかったため、かえって新鮮な感動を与えてくれると思っています。

 

■写真 佐賀新聞(平成24年4月14日)

 

■写真 九州陶磁文化館青木龍山コレクション

 

最終更新 2012年 4月 15日(日曜日) 09:38
 
「有田からの新しい風」 三人展のお礼 PDF 印刷 Eメール
作者: 青木 清高   
2011年 12月 07日(水曜日) 12:26
 
先月29日、銀座和光ホールでの、有田からの新しい風展が終了しました。御高覧いただきました多くの方々に心より御礼申し上げます。
今回の三人展の重要な切り口は、タイトル通り現在の有田の新しい作家の紹介というところに有りました。
それぞれ表現方法が違う日展系の作家3人の個性がぶつかり合って、連日多くの方に来場いただきました。特にギャラリートークの日には100名を超える方々の入場があり、お客様の焼き物文化に対する関心の深さに感銘を受けました。「こんな仕事も有田にあったのですか?」というお客様の反応にもまた驚いたところです。有田のほんの一部の作家の展覧会でしたが、みなさんには、とても新鮮に映ったことに、まだまだ多くの作家を抱える有田という街に無限の可能性を感じることができました。

日展の先輩の先生方、美術館の関係の方々より、歯に衣を着せないご助言をいただき、久しぶりに、コブだらけで帰ってきたことも今回の三人展の大きな成果でした。新しい風というタイトル通り、まだ、自分を振り返ることのできる3人がそれぞれ大きな仕事を成し遂げたと思っています。

 

 

■写真説明 今回出品した左から辻聡彦氏、青木清高、田中忍氏

 

■和光さんのウインドディスプレイ、3人の作品が並ぶ (辻聡彦氏撮影)

 

■夕暮れ日が落ちた銀座風景 (辻聡彦氏撮影)

 

 

最終更新 2011年 12月 07日(水曜日) 12:25
 
«最初212223242526272829最後»

25 / 29 ページ

このサイト内の文章や画像を無断転載・無断引用、営利目的の使用を禁じます。

Copyright © 2019 青木龍山清高工房. All Rights Reserved.