窯主エッセイ 400年祭を前にして思うこと
400年祭を前にして思うこと PDF 印刷 Eメール
作者: 青木 清高   
2014年 10月 15日(水曜日) 08:14

有田は、2016年に日本磁器操業400年をむかえます。ここに、400年前の外尾山窯で磁器と共に焼かれた土ものの、山盃があります。
これを見ると、小溝窯や原明窯などの、有田の西部地区より窯業が始まった事がわかります。
外尾山窯の物原の上に建つ我が家の敷地の中で数年前に偶然見つかりましたが、最近金直しをしました。400年の歳月を経て初めて盃と言う用途を得ました。400年祭を見据えて、この盃の平凡な丸い形がとても強く感じられる今日この頃です。



 

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

最終更新 2014年 10月 15日(水曜日) 08:30
 

このサイト内の文章や画像を無断転載・無断引用、営利目的の使用を禁じます。

Copyright © 2017 青木龍山清高工房. All Rights Reserved.