窯主エッセイ 第89回有田古陶磁研究会(仮称)が開催される。
第89回有田古陶磁研究会(仮称)が開催される。 PDF 印刷 Eメール
作者: 青木 清高   
2013年 9月 30日(月曜日) 21:28

先日第89回有田古陶磁研究会が開催されました。すでに、89回も開催されながら、なぜか、いまだに、この会の名前は(仮称)なのですが、それだけ、こだわりの強い個性派集団なのかもしれません。さて、今回のテーマは、8月より、9月初めにかけて調査された、黒牟田地区山辺田窯跡に、隣接する色絵工房跡地より出土の180点にも及ぶ、色絵陶片や、赤絵窯の窯壁、人形の土型、それに、1600年代初頭の陶器製品、初期伊万里の発掘品などの、研究でした。

解説に当たられた、歴史民俗資料館の村上伸之先生の解説は、多くの陶片の伝製する物との共通点、中国の製品との関連性さらには、それが、日本独自のデザインに進化して行く点など、興味をそそる内容ばかりでした。

色絵の始まりについては、皆さんご存じのように、諸説あり、歴民スタッフの方々が、かなり慎重に膨大な数の陶片を水洗いされているのがとても印象的でした。

 

■写真説明 色絵陶片

 

■写真説明 伝製品との比較

 

 

■写真説明 左から、金子昌司氏 酒井田浩氏 14代今泉今右衛門氏 椛島康正氏 中村清吾氏 撮影は青木清高。この日のフルメンバーは、6名でした。色絵陶片に対する敬意?のためか、正座して、見学中。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

最終更新 2013年 10月 01日(火曜日) 08:05
 

このサイト内の文章や画像を無断転載・無断引用、営利目的の使用を禁じます。

Copyright © 2017 青木龍山清高工房. All Rights Reserved.