窯主エッセイ 牡丹の花が咲く頃
牡丹の花が咲く頃 PDF 印刷 Eメール
作者: 青木 清高   
2014年 4月 15日(火曜日) 12:53

先日の日曜日、2014年4月13日(日)、父龍山の七回忌法要を執り行いました。この日は、任期満了に伴う有田町長、町議会議員の選挙投票日であったにもかかわらず、人間国宝の井上萬二先生、重要無形文化財総合指定の14代今泉今右衛門先生をはじめ、父と縁のある多くの方々にお参りいただきました。法要の席で、皆さんにお配りした、「陶の道最終章 父、龍山」 という私が出した本も、近々、増刷分を皆様にご紹介できると思います。

■写真 法要の風景

 

 毎年、父が亡くなったこの時期になると、アトリエの前の中庭に、生前写生用にと植えていた、牡丹、山吹などの花々が咲き乱れます。

熱心に絵筆を走らせていた父龍山の姿が思い出されます。 

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

 

このサイト内の文章や画像を無断転載・無断引用、営利目的の使用を禁じます。

Copyright © 2017 青木龍山清高工房. All Rights Reserved.